たまちゃんの「早く神様になりたい」

’17-’18 越年 北海道ツーリング(6報)

今年で2回目の越年北海道ツーリング。去年は4名。今年は3名で行く。去年のメンバーと同じである。今回参加できない1名は「ドクターストップ」が発令。残念だが次回に向けて体調を戻してもらうようにお願いしました。「ドクターストップ」がかかった仲間の年齢は去年行ったときは「64歳」である。去年のメンバー4名のなかで60歳超が2名いた。もう一人は女性である。オートバイに乗り始めたのも40歳のころから。20年のキャリアがあるといえばそうなのだが。しかし若い時に乗り始めての20年とは雲泥の差がある。益して女性。一言で言い表せないけれど「とても勇気がいる」のである。気力と技術がと知識と装備が整わないと極寒の北海道にバイクで行けないに等しい。そんな状況のなかで今年もチャレンジするのだ。マシンも今年は頑張っている。去年は「モンキー」での参加。足つき性、車重を重視しての選択であった。彼女の身長は150センチ。体重は40キロと本当に小さいのである。去年は800キロを走破。今年はルートも変更して1,300キロを走る予定。一部高速道路も使用。そうなると原付では不可能である。しかし足つき性、車重を重視するとマシンの選択に悩んだ。高速道路が走れるオフロードマシンと彼女の体格。はっきり言って「無理」。そして探した、考えた。決定したマシンは「KLX125」である。車高も高くなく、重量もさほど重くなく、そしてアイシング防止に適しているインジェクションである。しかし原付である。高速道路はもちろん走れない。ここは業界人として頑張らなければ!と。陸運局に出向き相談。排気量をアップして構造変更の申請。いろいろと大変であったが無事に許可していただき軽二輪として登録は完了。昨日はこのマシンにグリップヒーター、電源プラグ、防寒ハンドルカバー、そしてスパイクタイヤを装着して越年北海道仕様のマシンが完成した。ある意味注目すべきライダー、マシンである。

関連記事

  1. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    名選手、名監督になる!

    「名選手、名監督にならず」のようなことわざがある。現役時代に活躍、名声…

  2. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    円月島

    『円月島』の穴を少しでも埋めようと思って集まったのか。それはその人たち…

  3. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その10)

    28日、3人が集合。マシン再チェック。荷物のパッキングを済ませ、もう1…

  4. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その11)

    朝早くに出発を予定していたが、ブラビッシモの池上くんが「早朝は危険すぎ…

  5. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    下見の大切さ

    10月16日の日曜日、みんなでツーリングに行ってきた。ルートは関西圏で…

  6. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    バイク一途

    バイク一途ありきたりの言葉だけれど、60年近く生きてきて「そのまま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    ’17-’18 越年 北海道ツーリング(6報)
  2. トライアル

    「手ぶらでトライアル」収録を終えて。
  3. トライアル

    「手ぶらでトライアル」1年経ちました。
  4. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    モトチャンプ杯 ミニバイク選手権
  5. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その1)
PAGE TOP