たまちゃんの「早く神様になりたい」

日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その7)

このツーリングが決まった時にはすでに用意してあった「スパイクタイヤ」
タイヤが一番心配であった。それもそのはず。こんなタイヤで走ったことはなく、経験は皆無である。今回の仲間の1人は自分で工具を用意をしてスパイクタイヤを造ってしまった。

何の仕事でもそうであるし、そうあるべきだと思うことがある。そして、それは正しいことが多い。
つまり「餅は餅屋」なのである。
僕はすかさず東京にある、スパイクタイヤのスペシャリストのショップに依頼した。

完成して手元に来たこのスパイクタイヤがハイクオリティであるのかはわからない。でも不安は払拭できた。他の2人も僕に「右へ習え」であった。

僕らが走り切ったら「このタイヤでよかった」と喜ぶだろうし、自分で造った彼も走り切ったら「喜びはひとしお」である。みんなが嬉しい。

そして半年ほど前から出来上がったスパイクタイヤ。大切にランピッングをしてあるのだが、丁寧に剥ぎ取って僕の目の前に「生のスパイクタイヤ」が現れた。
あと10日でこのタイヤはマシンに取り付けられる。

北海道の大地を走り切ってくれるのだろうか。よろしく頼む。

20161221-014217.jpg

日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その6)前のページ

日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その8)次のページ

関連記事

  1. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その5)

    明日はいよいよテスト走行。今回のメンバー4名全員揃う。今回で2回目の…

  2. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    名選手、名監督になる!

    「名選手、名監督にならず」のようなことわざがある。現役時代に活躍、名声…

  3. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    バイク一途

    バイク一途ありきたりの言葉だけれど、60年近く生きてきて「そのまま…

  4. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その6)

    気候こそ北海道とは全然違うけれど、マシン、極寒仕様の装備、ウェア、そし…

  5. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その4)

    『防寒着』出発までもう1ヶ月を切ったのに、まだ決めかねているアイテム…

  6. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    ’17-’18 越年 北海道ツーリング(6報)

    今年で2回目の越年北海道ツーリング。去年は4名。今年は3名で行く。去年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. トライアル

    ゲートマーカー
  2. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その2)
  3. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    ’17-’18 越年 北海道ツーリング(6報)
  4. Rikizohメカニックダイアリー

    何のエンジン?
  5. 温故知新

    アルミタンク
PAGE TOP