Rikizohメカニックダイアリー

ある意味トライアルよりシビア

HRCのマシン『NSF250R』のエンジンオーバーホールの依頼だ。
依頼の理由は「ストレートが他のNSFより明らかに遅い。僕が下手なわけではない」である。

困った。トライアルでは明らかにマシンが正常に作動するところが完璧に近ければライダーの責任に出来る。しかしロードレースはライダーの責任範囲が少ないような気がする…ような。

最終コーナーからの立ち上がりが明らかに下手であればストレートも伸びない。でもそこのところは見てないのでライダーを信じることしかできない。

基本に戻って動くところは動くようにする。ストレスなく回るにはどうするかという、言えば当たり前で単純なことなのだ。

「さあ新ちゃん!頑張れ!」

20161209-142411.jpg

関連記事

  1. Rikizohメカニックダイアリー

    毛羽立ったパルサーコイル

    HONDA CRF230が入院。結論はエンジンがかからない。普通の…

  2. Rikizohメカニックダイアリー

    しんちゃん

    僕はメカニックではありません。実は僕の相棒にしんちゃん(新 廣…

  3. Rikizohメカニックダイアリー

    何のエンジン?

    いつもお世話になっている東大阪のあるファクトリーから、見たことがあるよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Rikizohメカニックダイアリー

    しんちゃん
  2. F-Legends

    HONDA CB750F
  3. トライアル

    もう二度と来るものか!
  4. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その10)
  5. トレッキング

    TRECKING
PAGE TOP