Rikizohメカニックダイアリー

何のエンジン?

いつもお世話になっている東大阪のあるファクトリーから、見たことがあるような、ないようなエンジンが持ち込まれた。一瞬トライアルエンジンかな?と。いやクラッチ側を見たら乾式クラッチだし、それはあり得ない。

排気量は125cc。
クランクコンロッド、大端ベアリングの交換がメインのメニューだった。

メカニックのウンチクは普通のエンジンなので特に言うことはない。

このエンジンは「Racing KART」です。
イタリア製でなんかカッコいい!

20161115-165607.jpg

関連記事

  1. Rikizohメカニックダイアリー

    毛羽立ったパルサーコイル

    HONDA CRF230が入院。結論はエンジンがかからない。普通の…

  2. Rikizohメカニックダイアリー

    しんちゃん

    僕はメカニックではありません。実は僕の相棒にしんちゃん(新 廣…

  3. Rikizohメカニックダイアリー

    ある意味トライアルよりシビア

    HRCのマシン『NSF250R』のエンジンオーバーホールの依頼だ。依…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    下見の大切さ
  2. トライアル

    「手ぶらでトライアル」収録を終えて。
  3. トライアル

    第32回 ペガサスカップトライアル大会
  4. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その6)
  5. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    ’17-’18 越年 北海道ツーリング(2報)
PAGE TOP