たまちゃんの「早く神様になりたい」

日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その2)

(その1)で書いたように…行くんです、宗谷岬へ。

このことを身近な人たち数人に伝えた。もちろん「あほちゃう」のような言葉を浴びせられたのだけれど。
もちろん一人で行くつもりだったので反対意見ばかり。心配をしてくれた言葉だと思う。漠然に「行く」といっても、気の遠くなるような準備が必要だ。
二輪車関係の仕事はしているけれど、今回のツーリングにまつわる知識、情報は皆無である。

まずマシン選びで相当悩んだ。やはり「カブ系」が圧倒的に多い。だから「いやだ」と思った。
それと「アイシング」対策。僕が思う「アイシング」はキャブレターが凍る、アクセルワイヤーが凍るとかだと思っていた。実際に寒冷地仕様のバイクにはキャブに熱線とかラジエター液の通路を作ったりとかの対策は知っていたのだが。前にも書いているけれど、北海道でバイクショップを営んでいる知人に聞いて驚いた。

寒すぎて「気化」しないのだ。この現象には感動した。正しくは気化しないのではなく、「しにくい」ということなのだろう。アドバイスでは「キャブレター」より「インジェクション」が良い、ということだった。納得。

ご存知かどうかはわからないけれど僕は「モンキー」が大好きである。当然「インジェクションモンキー」をゲットする。

しかし、というか何故か、このツーリングに参加したいという人が出てきた。女性である。そして「小柄」である。まだマシンも決まっていない。

その女性は「HONDA クロスカブ」を所有していた。
クロスカブをまたがっている姿を見たときに「あちゃ~」と。つま先でマシンを支えてる。
これは寒冷地の道路では危険である。そんな流れで僕のモンキーはその女性へ。女性のクロスカブは僕のマシンとなった。結局は僕のような変態が4名になった。(僕を含めて)

クロスカブ、スーパーカブ110PRO、モンキーが2台。この4台が12月29日、苫小牧行きのフェリーに乗船する。

20161110-134804.jpg

関連記事

  1. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その3)

    僕のマシン!宗谷岬に行くためのマシンは「CROSS CUB110」…

  2. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その6)

    気候こそ北海道とは全然違うけれど、マシン、極寒仕様の装備、ウェア、そし…

  3. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(番外編)

    北海道、最北端(宗谷岬)を目的地とて出発したのがちょうど一か月前。も…

  4. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    円月島

    『円月島』の穴を少しでも埋めようと思って集まったのか。それはその人たち…

  5. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その7)

    このツーリングが決まった時にはすでに用意してあった「スパイクタイヤ」…

  6. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    バイク一途

    バイク一途ありきたりの言葉だけれど、60年近く生きてきて「そのまま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. トライアル

    アシスタント
  2. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    下見の大切さ
  3. トライアル

    2016 MFJ トライアル グランドチャンピオン大会
  4. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その3)
  5. Rikizohメカニックダイアリー

    ある意味トライアルよりシビア
PAGE TOP