温故知新

アルミタンク

この製品を造ろうと考えたとき、結構な決意を要した。金型の製作、熟練工による叩き出し作業。磨き(手作業)による形状修正。アルミ地に施すペイント。給油口の加工などなど別々の職人が手掛けて出来上がったタンク。

金型製作に入る前にスケッチによるデザイン。できるだけワークスマシンと同じ「カムカバーの逃げ」の部分にこだわりつつTLR200/TL125に装着してもスタンダードを感じさせるデザイン。

「ウンチク」はたくさん書きたいのだけれど、一度見て触ってほしい逸品です。

http://www.
power-craft.co.jp/onko-chishin/onko-f12.html#tank3

関連記事

  1. 温故知新

    HRC RTL250S ピストンキット

    「RTL250S」のピストンキットがやっとファクトリーからあがってきた…

  2. 温故知新

    温故知新

    -温故知新-この言葉、かなり有名、です。「故(ふる)きを温(た…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    天空のサーキット
  2. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その2)
  3. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その10)
  4. 温故知新

    アルミタンク
  5. トライアル

    ゲートマーカー
PAGE TOP