Rikizohメカニックダイアリー

毛羽立ったパルサーコイル

HONDA CRF230が入院。
結論はエンジンがかからない。
普通の入院理由だ。
エンジンが動く為の3要素。
1.良いガソリン
2.良い火花
3.良い圧縮

今回は良い火花ではなかった。
パルサーコイルが溶けていた。
猫がビックリしたように毛羽立っていた。でも「ぼすぅぼすぅ」とエンジンはかかりそうになっていた。

このパルサーコイルで火花が少しでも飛ぶなんてあり得ない。
そこになにか「生」を感じるのは僕だけなのかな。エンジンは機械だ。生き物ではないのだけれど。

もう部品はメーカーにはない。

ここのところが好き。
部品交換は修理とは言わない。
他種のパルサーコイルを使って、そして修復する。これが修理だと思う。

しんちゃんの右手でリューターは回っていました。

20161018-183014.jpg

20161018-183032.jpg

関連記事

  1. Rikizohメカニックダイアリー

    しんちゃん

    僕はメカニックではありません。実は僕の相棒にしんちゃん(新 廣…

  2. Rikizohメカニックダイアリー

    何のエンジン?

    いつもお世話になっている東大阪のあるファクトリーから、見たことがあるよ…

  3. Rikizohメカニックダイアリー

    ある意味トライアルよりシビア

    HRCのマシン『NSF250R』のエンジンオーバーホールの依頼だ。依…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. トライアル

    ゲートマーカー
  2. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その6)
  3. トライアル

    「手ぶらでトライアル」収録を終えて。
  4. Rikizohメカニックダイアリー

    しんちゃん
  5. トライアル

    きこり
PAGE TOP