Rikizohメカニックダイアリー

しんちゃん

僕はメカニックではありません。

実は僕の相棒にしんちゃん(新 廣幸)が存在します。僕たちの会社、「有限会社 ぱわあくらふと」はしんちゃんと二人で始めました。32年間一緒にに仕事をしています。

彼から整備(メカサービス)のことでいろんなことを教えてもらいました。サービスマニュアルには記していないことばかり。

今はバイクもコンピューターなしでは語れません。しかしそれは「温故知新」なのです。そんな「目から鱗がおちる」ようなお話を少しずつお話ししようと思います。

20161018-142907.jpg

関連記事

  1. Rikizohメカニックダイアリー

    ある意味トライアルよりシビア

    HRCのマシン『NSF250R』のエンジンオーバーホールの依頼だ。依…

  2. Rikizohメカニックダイアリー

    毛羽立ったパルサーコイル

    HONDA CRF230が入院。結論はエンジンがかからない。普通の…

  3. Rikizohメカニックダイアリー

    何のエンジン?

    いつもお世話になっている東大阪のあるファクトリーから、見たことがあるよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    モトチャンプ杯 ミニバイク選手権
  2. Rikizohメカニックダイアリー

    毛羽立ったパルサーコイル
  3. たまちゃんの「早く神様になりたい」

    日本最北端 年末年始 極寒ツーリング(その13.最終回)
  4. 温故知新

    アルミタンク
  5. トライアル

    きこり
PAGE TOP